負のループを断ち切り、根本的に問題を解決するには

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

子育て中のお母さんをキラキラにするカウンセラー、

沙咲晴美(たれぱんだ)です。

 

同じような感情を繰り返し味わう心の仕組み

 

4/19~23の週の朝ドラ『おちょやん』は、

とっても重くて悲しく、切なかったですねー。

 

「この話の中に、心の仕組みがよく表れているな」

と思いながら見ていました。

(画像はお借りしています)

 

 

主人公の千代ちゃんと一平さんは、

幼い頃からの知り合いで、

ともに家庭環境に恵まれず、

心に寂しさを抱えて生きてきた者同士。

誰よりもお互いの気持ちがわかるので、

精神的に支えあってきました。

 

 

夫婦としてはもちろん、劇団の同志としても

一緒に頑張ってきたオシドリ夫婦だったのに・・・

 

 

夫の一平さんと劇団の若い団員との間に子供ができてしまい、

そのために

千代ちゃんと一平さんは別れることになってしまいます。

悲しすぎる・・・

実は、

千代ちゃんには30年前にも同じようなことがあったのです。

 

 

極貧の家庭でお母さんを早くに亡くし、

お父さんを助けてけなげに頑張ってきた千代ちゃんでしたが、

ある日突然、お父さんが女の人を連れてきて、

結婚するというのです。

(画像はお借りしています)

 

 

しかも、女の人のおなかの中には赤ちゃんがいたので、

口減らしのために、

8歳の千代ちゃんは奉公に出されてしまうのです。

 

 

家庭を支えるために、

行きたかった学校もあきらめて

お父さんを支えてきた千代ちゃんだったのに、

あろうことか、

お父さんは千代ちゃんよりもその女の人を選び、

千代ちゃんは捨てられてしまったのです。

 

 

選ばれなかった・・・

捨てられた・・・

邪魔者扱いされた・・・

 

そのことで、

怒り  悲しみ  屈辱感  寂しさ  絶望感・・・

など、きっとたくさんの感情を味わったことでしょう。

 

 

でも、生きるのに必死だった千代ちゃんは、

そんな思いと感情はしっかりと自分の心の底に封印して

厳しい奉公に励み、

辛いこともうれしいこともたくさん体験しながら

乗り越え、自分の道を切り開き、

現在の地位を築いたのに・・・

 

 

またあの時と同じようなことが起きて、

同じような感情を

味わわなければならなくなってしまったのです。

あまりに理不尽で悲しすぎることですが、

こういうことって、

気をつけないと

本当に人生の中でよく起こるんです。

同じような悲しみや苦しみ、

悩みなどを繰り返し体験するってこと、

ありませんか?

 

それは何故なのでしょうか?

 

人生を支配する『思い込み』

 

わずか8歳で奉公に出されてしまった千代ちゃんは、

きっとこう思ったのではないでしょうか?

 

「お父さんは、私よりもあの女の人と赤ちゃんを選んだ。

私は選ばれなかった。

捨てられた。

私は邪魔者だ。」

 

 

 

幼い頃の体験ほど、強烈に潜在意識にインプットされるので、

この時、あることをしないと、

 

「私はいらない子」

「私は邪魔者」

「私は捨てられる」

 

などの強烈な思い込みができます。

(画像はお借りしています。)

 

 

千代ちゃんは、

幼いながら自分の力で生きていかなければならなくなったから

感情は封印して、

捨てられないように

みんなに必要とされるように

厳しい奉公にも必死でつとめ、

頑張って、

誰からも愛される娘に成長しましたね。

(画像はお借りしています)

 

本当は心の奥底に潜んでいる

「私はいらない子」という信念を感じなくて済むように

必死で努力したのです。

 

 

でも、いったん出来上がった思い込みは、

書き換えない限り自動運転で続いていくので

いつか現実のものとなってしまうんですね。

 

 

30年後、

夫の一平さんと若い劇団員の女性との間に

赤ちゃんができてしまい、

夫婦は別れることになってしまいます。

 

 

あの時と同じ。

 

 

赤ちゃんができたことで

「夫は、私よりもあの女の人と赤ちゃんを選んだ。

私は選ばれなかった。

捨てられた。

私は邪魔者だ。」

 

という現実がまた繰り返されてしまったのですね。

 

 

自分の潜在意識の中に保存されている

『信念・思い込み・ビリーフ』が

人生のシナリオを作ると言われています。

 

 

その『信念・思い込み・ビリーフ』は

大体10歳くらいまでに出来上がります。

 

だから、あなたが今悩んでいるその問題も

根っこは10歳までの体験にあるのですよ。

 

 

10歳以降に味わう思いや感情などは、

すべて10歳までの心の体験の焼き直しなんです。

 

傷ついたまま残されているインナーチャイルドは

癒されるまで、

何度でも同じような感情を味わう体験を引き起こし、

解消しようとしているのです。

 

 

だから、根本的に問題を解決するためには、

 

不幸になる信念を書き換えること

そして、

その時感じた感情を癒して、潜在意識をクリアにすること

が必要なんです。

 

 

子育ての悩みは、

子供を変えようとすることでは解決しません。

 

 

なぜなら、

問題は子供にあるのではないのですから。

 

 

子供の問題は、

お母さんのインナーチャイルドを癒し、

より成長させてくれるための大きな大きなチャンスなんですよ。

 

 

子育ての悩みを根本から解決するための

もっと詳しい内容は、

こちらでお伝えしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

子育てがうまくいく方法・お母さんのあり方を変えるヒントなどは

メルマガで詳しくお伝えしています。

 

沙咲晴美(たれぱんだ)公式LINE

 1対1でトークができますので、簡単な質問にはお答えできます。


友だち追加