子供が行き詰まるのは○○〇不足のため~母親が子供にしてあげたいたった一つのこと

子育てはお母さんのあり方が9割!

 

こんにちは!

 

「ママの心の傷を癒して、幸せな子育てに導く専門家」

元教師で現在子育てカウンセラー・ハピママナビゲーターの

沙咲 晴美(たれぱんだ)です。

 

私が最近思うのは、

“お母さんは、ただ子供に「安心感」を与えるだけでいい”

ということです。

 

子供は、「安心感」という土台を持つことができたら、

もともと自分の中に内在している「成長への欲求」を最大限に発揮できるのです。

母親との関係で安心感が与えられなかった場合、

人間関係が苦手になったり、

自分を愛せなかったり、

自信をもって人生を歩んで行けなくなります。

 

子供に安心感を与えられないお母さんは、

たくさんの『べき・ねば』や『禁止令』を持っています。

 

まるで鎖のように、自分自身を縛っているのです。

 

私の場合で言えば、

「がんばらなければならない」

「早くしなければならない」

「楽してはいけない」

「欲しがってはいけない」

「できなければならない」

「失敗してはいけない」

「人に笑われてはいけない」

「いい子でなければならない」

「感情を出してはいけない」

・・・・・などなど、

 

たくさんの鎖に縛られていました。

この鎖は、幼い頃の自分が選んだもの、受け入れたものなんです。

 

そして、上書きを重ねるたびにだんだん強固な信念になって、

自分自身をがんじがらめにしてしまうのですね。

 

では何故、その鎖を受け入れたのか・・・

 

そこを掘っていくと、

どの鎖も結局は全部、幼かった私が

親に認められたかったから

親に受け入れられたかったから

親に愛されたかったから

 

つまり、

安心感を感じたかったから、なのですね。

無条件で安心感を感じられていたら、

こんな鎖を作る必要はなかったのです。

 

『無条件で愛されている』という実感が持てなかったから、

このような色々な鎖を作ることで、親に受け入れられようとした・・・

 

いわば幼い子なりの『生きる戦略』だったのです。

 

これは、私が自分のインナーチャイルドを癒していく中で気づいたことです。

 

それらの鎖が自分の本質から外れたものであればあるほど、

成長するにつれて、どんどん苦しくなっていきます。

 

子供の不登校や非行、

激しい反抗、

様々な身体症状や心身症、

自傷行為など

子供の問題は、

そういう苦しさのために起こっている可能性が高いです。

 

本当の安心感は、条件なく与えられるものです。

 

「がんばるから、親に受け入れられる」という安心感は、

条件付きの安心感で「偽物」なんですね。

 

偽物の安心感では、心の土台にはならないんです。

 

無条件の安心感を子供に与えてあげることが親の務めであり、子育てなのです。

 

子育てがうまくいかなくなるのは、

親が子供に絶対の安心感を与えているのではなく、

逆に、親が子供から安心をもらおうとしているから。

 

まさに、振り返ってみると私もそうだったな、と思うのです。

 

これを読んで、「私もそうだった」と自分を責めたくなっているお母さんもいるかもしれませんね。

 

でもね・・・

どうか、自分自身を責めないであげてほしいのです。

 

子供に安心感を与えられなかったのは、

あなたも親から絶対の安心感を与えてもらえなかったからなのです。

 

そのために、たくさんの鎖を作ることで親に受け入れられようとして、

苦しい思いをしてきたからです。

 

だから、まずはあなたのその苦しみを癒してあげる必要があります。

それをせずに子供のことだけを受けとめようとしても、絶対に出来ません。

「絶対に!」 です。

 

飢餓状態の人が、他の人になかなか食べ物を譲れないのと同じように、

心が飢餓状態のお母さんが、子供に与えられないのは当然なのです。

 

なので、まずはお母さんの心を愛と癒しで満たしてあげましょう。

 

それだけで他に何をしなくても、

いるだけで子供に安心感を与えられるお母さんになることができるのです。

 

とはいっても、

どうやって自分を満たしたらいいのか、

どうやって自分の心の傷を癒したり、鎖を外したりすればいいのか、

わからない人も多いと思います。

 

もしあなたが、

「自分自身を満たすことで、子供に安心感を与えられる母親になりたい」

そして、「その方法を知りたい」と本気で思うなら、

まずはこちらを読んでみて下さいね。

 

無料で、そのための情報を筋道立ててお伝えしています。

 

 

 

あなたの子育てを応援しています!

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。