スマホは制限するべき?まかせるべき?

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

子育て中のお母さんをキラキラにするカウンセラー、

沙咲晴美(たれぱんだ)です。

 

長い夏休みは、子育て中のお母さんにとっては、最も苦痛でイライラする時期ではないでしょうか?

 

「子供が家にいるから楽しい!」

というお母さんがいたら、私は心から尊敬します。

 

私も、特に子供たちが小学生だったときは学校の長期休みがとても憂鬱で、

特に一番長くて暑い夏休みが一年中でいちばん嫌いだったから。

 

子供が家にいてずっとその姿を見ていると色々と気になってしまうものですが、

とりわけ今お母さん達を最も悩ましているのが、スマホやゲームの問題ではないでしょうか?

スマホは制限した方がいいのか?

それともまかせてしまった方がいいのか?

 

悩ましい問題ですよね。

 

ちなみに、昔の私は断固「制限する派」でしたね。

 

しかもかなりキツ~~い制限をしていました。

 

制限すると、

『子供がスマホやゲームをやりすぎる』

という心配からは解放され、とりあえずは安心できますが、

ただ、別の問題も出て来ます。

 

スマホを制限した場合の問題点

 

まず、子供との仲が悪くなる という問題です。

 

当然子供はスマホやゲームをしたいのですから、それを妨害するお母さんは『敵』とみなされてしまいます。

 

私も、長女からは何度も

「おかあさんみたいにキツい制限する親はいない。」

と非難され、それにカッとなって逆切れしてバトルを繰り返していたし、

次女は一見素直に従いながら、実は心の中に私への不満や怒りをため込んでいました。

 

また、制限を加えすぎることで、

かえって自分でコントロールすることができなくなってしまったり、

親の力が及ばなくなったときに、今までの反動で逆にスマホやゲームに溺れてしまう心配もありますよね。

 

子供との関係を険悪にしてまで、

また、自分でコントロールする力を奪ってまで、

制限する意味ってあるのでしょうか?

 

スマホを制限しなかった場合の問題点

 

かといって、もし制限しなかったら・・・・

『何時間もスマホやゲームに没頭してそのうち昼夜逆転になり、取り返しのつかないことになってしまうのではないか、』

という心配にずっとさらされ続けることになりますね。

 

「じゃあ、いったいどうしたらいいんですか!!?

誰か教えて~~!!」

 

と言いたくなりますよね。

 

かつての私も、スマホやゲームに関しては本当に思い悩み、迷っていたんです。

 

実は、スマホを制限するかまかせるかということ以上に気にしなければならないことがあるんです。

 

『スマホを制限するか、まかせるか』以上に大切なこととは

 

スマホを制限するか、まかせるか、

また制限するとしたらどのくらい制限するのか、

子供にわかってもらうにはどうすればよいのか、

・・・ということは、

言ってみれば『ノウハウ(やり方)』なんです。

 

どんなノウハウ(やり方)がいいのかということを考えても、わからないんです。

だって、世の中を見れば、

スマホの制限をしたから、それがきっかけで親子の仲が険悪になり、子供がグレた

というケースもあれば、

 

スマホの制限をしたからけじめがついて、受験の時にも勉強に打ち込めた

というケースもあるんです。

 

また逆に、

スマホの制限をしなかったから、昼夜逆転してひきこもりになった

というケースもあれば、

 

制限をしなかったから自分で気づいて、スイッチが切り替わった

という人もいるんですよね。

 

同じことをしても結果が全然違うのは、ノウハウが絶対ではない ってことですよね。

 

 

さらに、こんな人もいますよ。

 

ゲームにのめりこみすぎて、気づいたら高校を中退してしまっていたけど、

ある時、「このままではいけない。」と奮起して受験勉強を始めたら、

ゲームで培われた集中力(のめりこむ力)と戦略を練る力が功を奏して、

なんと!!

1年に満たない受験勉強で早稲田の政経に合格した、

という人。

 

ゲーム漬けで高校中退した人が、早稲田の政経ですよ!!

しかも、たった1年で!!

びっくりですよね~

この方のお母さんがどんな風に関わっていたのかは残念ながらわからないのですが、

制限はしていなかったということでしょうね。

(あるいは、しても聞かなかったのか・・・)

 

でも、スマホやゲームを自由にしたら、みんながみんなこんな結果が出るわけでもないのです。

 

 

じゃあ、いったい何の違いなんだろう!?

 

 

実は、

制限するかどうかという方法(やり方)を気にするよりも、まず気にしなければならないのは、

お母さんがどんな感情を心に抱いているか

ということなのです。

 

なぜ、スマホを制限しようとするのか、

あるいは、

なぜ、スマホを制限しないのか、

その行動の奥には、どんな感情があるのでしょうか。

 

前回、私はスマホやゲームに関して、子供たちにかなりキツい制限をしたと書きましたが、

そのようにした理由は、私の心の中にあった ある強い感情のためだった のです。

 

それは、

「子供が悪くなったらどうしよう。」

「悪くなるかもしれない。」

という 不安感 です。

 

不安から制限しても、

結局他の良くないことが起こります。

 

うちの場合なら、親子の仲が険悪になり、長女のやる気がなくなりました。

「制限したら子供に嫌われるんじゃないか。」などの不安感から制限しなかった場合も、

やはりよくない結果になる可能性は高いです。

 

大切なのは、制限するかしないかという「やり方」ではないんです。

 

お母さんが、

「大丈夫、そのうち、ちゃんとわかるときが来る。」

という 根拠のない安心感や子供に対する信頼感 を持っていること、

 

そういう 心の「あり方」が大切なんです。

 

でも、

「不安をなくすとか、安心感を持つなんて、どうしたらそうできるの?」

って思いますよね。

 

これって、なかなか意志の力では難しいことですから。

でも、安心してください!!

あり方を変えることはできるのです。

実際に、私のクライアントさんたちも、

不安やイライラが解消して、子育てがガラッと変わった方はたくさんいます。

 

お母さんの「あり方」を変えるってどういうことか知りたい方は、

ぜひメルマガを読んでみてくださいね。

 

メルマガでは、

「お母さんのあり方」「子育てのノウハウ(やり方)の両面について、

ブログよりも詳しくお伝えしています。

(無料です!!)

子育ての悩み解決はスピードが命!!

早ければ早いほど、子供達との楽しい時間が多くなりますよ。

 

大切な子育ての時間を宝に変えていきましょう!

 

子育てはお母さんのあり方で9割決まります。

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

子育てがうまくいく方法・お母さんのあり方を変えるヒントなどは

メルマガで詳しくお伝えしています。

                                         ↓  ↓  ↓

注)docomoなどのキャリアメールやicloudは、はじかれてしまうケースがあります。(おすすめは、gmailです。)

登録してもすぐに返信がなく、迷惑メールにも入っていない場合は、LINEのほうからご連絡をお願いします。

すぐに対処いたします。

 

 

沙咲晴美(たれぱんだ)公式LINE

 1対1でトークができますので、簡単な質問にはお答えできます。


友だち追加