つまずいた子供を潰す親・伸ばす親・・・何が違う!?

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

子育て中のお母さんをキラキラにするカウンセラー、

沙咲晴美(たれぱんだ)です。

少し前の話になりますが、

 

雑誌『プレジデントFamily2019秋号』で、「東大生184人『頭のいい子』の育て方」という特集がありました。

 

東大生と言っても、皆が皆、挫折なく順風満帆に歩んできた人ばかりではないようで、

 

中には、

 

○中学で不登校になり、英語のbe動詞もわからない、2けたの筆算もわからない

という精神的にも学力的にも「どん底」を味わった子、

 

○小学校の時にいじめに遭い、人間不信になって勉強そっちのけでゲームばかりしていた子、

 

○小学校時代、進学塾に通って一生懸命勉強したにもかかわらず、中学受験に失敗してしまった子、

 

○中学生の時、友人関係がギクシャクしたことで学校に行けなくなり、まともに学校にも行けない自分を「価値がない」と言って苦しんだ子、

 

などもいたそうです。

 

 

いじめや不登校、受験の失敗などの「どん底」を経験しながらも潰れてしまわずに、そこから這い上がり、東大に合格した彼らの

「親のあり方」には、ある共通点があったそうです。

 

「どん底」から子供を救い出し、飛躍させた「親のあり方」の共通点とは!?

 

こちらをお読み下さい。

↓ ↓ ↓

不登校児を東大に合格させた親のスゴい声かけ

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

子育てがうまくいく方法・お母さんのあり方を変えるヒントなどは

メルマガで詳しくお伝えしています。

 

沙咲晴美(たれぱんだ)公式LINE

 1対1でトークができますので、簡単な質問にはお答えできます。


友だち追加